毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

公正世界誤謬とは?

心理学

2020年8月15日

相馬一進


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

心理学用語として
「公正世界誤謬(こうせいせかいごびょう)」
という概念があります。

 

公正世界誤謬とは、「この世界は公正だ」
と考えてしまう思い込みのことです。

 

現実世界は、公正とは限りません。

 

にもかかわらず、「世界は公正に決まっている」
という色眼鏡をかけて、
物事を見てしまうのが、公正世界誤謬です。

※誤謬(ごびゅう)とは勘違いのことです。

 

 

たとえば、「ある人が自動車事故にあった」
と聞いたとします。

 

その際に、次のように考えてしまう人もいます。

・「どうせ、よそ見でもしてたのだろう」

・「きっと乱暴な運転をしていたのだろう」

・「飲酒運転でもしていたのではないか?」

などと。

 

なぜなら、「世界は公正なんだから、
安全運転をしていれば、事故になんてあわない」
という思い込みを持っているからです。

 

意味、わかりますか?

 

逆に、「私は一度も事故を起こしていない」
という人に会うと、多くの人は以下のように考えます。

・「安全運転していた立派な人なんだ」

・「運転の上手い優秀な人にちがいない」

・「ただのペーパードライバーかな?(笑)」

と。

 

もちろん、この推測が当たっているケースもあります。

むしろ、当たる確率が高いでしょう。

 

ただ、現実には例外もあります。

 

たとえば、毎日安全運転をしていたのに、
運が悪くて事故にあってしまう人もいます。

逆に、何度も飲酒運転をしているのに、
たまたま事故が起きていない人もいる。

 

つまり、現実世界というのは、
ほとんどの場合においては公正なのですが、
不公正なときもあるのです。

 

そういった例外を見ないようにして
「世界はいつも公正だ」と信じ込むのが
公正世界誤謬です。

この公正世界誤謬のおかげで、
社会の秩序が保たれているので、
必ずしも悪い勘違いではありません。

 

ただ、その勘違いがときどき幻想であることも、
思い出す必要があります。

 

「世界が公正だ」と考えるのは、
「ヒーローが常に助けてくれる」と
子どもが信じるようなもの。

現実で犯罪に巻き込まれたときに、
いつもヒーローを待っていても解決はしません。

 

それと同様に、現実のトラブルが起きたときに
公正世界誤謬に気づかないと、
誤った判断をしてしまうのです。

 

一例をあげると、あなたが起業していた場合、

「悪徳業者だって稼いでいるんだから、
良い商品を持っている自分はもっと稼げるはずだ」

などと思っていると、すぐに廃業しかねません。

 

不公正な現実を生き抜くための
セールスやマーケティングの知識がいるのです。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ