毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

商品の魅力の伝え方が分からない、と困っていませんか?マーケティングの専門家の相馬一進が、売るのが難しい商品を売る方法を3つの動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

世界観がないとつまらない

ビジネス

2021年8月23日

相馬一進


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

個人事業主や起業家の
メールマガジンやブログを読んでいて
ときどき感じることがあります。

 

それは「世界観のない内容はつまらない」
ということです。

 

 

ここでいう世界観とは、
文字通り「世界を観る視点」を指します。

 

たまに映画やアニメの設定のことを
「世界観」と呼ぶ人がいますが、
辞書的に言えばあの単語の使い方は誤用です。

おそらく「作者の世界観」という意味を、
フィクションの設定のことだと混同する人がいて
誤用が広まったのでしょう。

 

元々は「自分から見ると世界は◯◯だ」
という物事の見方を「世界観」と言います。

映画などの創作物はもちろん、
メールマガジンやブログの面白さにも
世界観が関係しているのです。

 

たとえば、現代にはうつ病の人が多くいます。

これは単なる客観的な事実であり、
誰かの世界観は関係していません。

 

一方、うつ病に対しての
自分なりの見方を書くと世界観が伝わります。

「社会に心理療法が広まってないのが問題だ」とか
「うつ病対策に食事で栄養を摂ったほうがいい」
などと言うと、筆者の世界の見方がわかるわけです。

 

こうした世界観こそがコンテンツの面白さであり、
ファンがつく要素になります。

辞書やウィキペディアなどを読んでもわからない、
筆者ならではの視点が
読者にとっての価値になるからです。

 

言い換えると「うつ病の人が多くいます」などと
客観的な事実を紹介するだけでは、
あまりファンはつきません。

 

にもかかわらず、客観的な情報を羅列するだけの
世界観のないメールマガジンやブログを
書き続けてしまう人がいます。

ハッキリ言って手間と時間のムダなので、
書き方を変えるか、更新をやめたほうがいいですね。

 

あなたがメールマガジンやブログなどで
情報発信をする場合は、
意識的に世界観を出してみてください。

 

ちなみに、個人事業主や起業家の中には、
意識しても世界観が出せない人もいます。

そういった場合のビジネスの仕方については、
また今度書こうと思います。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

商品の魅力の伝え方が分からない、と困っていませんか?マーケティングの専門家の相馬一進が、売るのが難しい商品を売る方法を3つの動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ