毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

親の役割は?

心理学

2021年8月9日

相馬一進


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

過去にも記事に書いたとおり、
親のしつけは子どもの性格や能力に
ほとんど影響を与えません。

 

なぜなら、子どもは親ではなく同年代の友達から学び、
友達に合わせて行動するからです

 

 

たとえば「門限は5時だ」などと親が説いても
周りの友達が5時を過ぎても遊んでいたら、
たいていの子どもは門限を破ります。

 

こうした傾向は門限に限りません。

「勉強しなさい」とか「お金は大事」とか
いろいろなことを親がしつけたところで、
子どもへの影響は非常に小さいのです。

 

これはジュディス・リッチ・ハリスという心理学者が
膨大な研究の結果として示している事実です。

ご参考:子どものしつけは失敗する

 

ただ、こうした話を聞くと
「親が不要だとでも言うんですか!?」
と感情的に怒ってしまう人がいます。

ですが、親が不要だと言いたいわけではありません。

 

なぜなら、しつけ「以外」の面で
重要な役割を親は担っているからです。

 

それは、「子どもが育つ環境を整えること」です。

 

前述のとおり、子どもは親のしつけよりも
友達の影響を強く受けて育ちます。

ただ、どのような友達ができるかは、
子どものために親が整える環境によって変わります。

 

学校、塾、習い事、部活など含め、
いい友達ができる場所に子どもを入れられるかは
親の判断次第なのです。

 

誤解してほしくないのですが、
これは偏差値の高い学校に子どもを入れる
といった意味ではありません。

勉強が苦手な子を
無理に偏差値の高い学校に入れようとしても、
劣等感を生むだけだからです。

 

趣味のクラブなどでもいいので
その子どもに合う環境を見つけられるといいでしょう。

 

また、食事で十分な栄養が摂れなかったり
安心して眠れる場所がなかったりすると、
子どもに発達上の問題が起きやすくなります。

そのため、衣食住などの生活環境を整える点でも
やはり親の役割は重要です。

 

今回の話をまとめると次のようになります。

・親が口先でしつけをしても
 子どもの性格や能力にはほとんど影響がない

・いい友達ができる場所に連れていったり
 生活環境を整えたりするのが親の役割である

 

あなたが子育てをする場合は、
しつけよりも環境を整えることに
フォーカスしてほしいと思います。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ