毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

数年で廃業する人


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

個人事業主の中には、
「開業当初は売上があがっていたのに、
途中から苦戦しはじめた」という人がいます。

商品がどんどん売れなくなり、
売上が途中から右肩下がりになってしまうのです。

 

そういった人にありがちな失敗が
何かわかりますか?

 

 

細かく言えば色々なパターンがありますが、
よくあるのは「痛みが強いお客さん“だけ”に向けた
商品・サービスを売っていた」ということです。

 

ここで言う「痛み」とは、物理的な痛みのみならず、
精神的な痛みも含みます。

 

たとえば

「『太り過ぎなので、痩せないと命に関わります』
と医者に指摘された」

というお客さんに向けて
ダイエット商品を売るのを想像してみてください。

 

たしかに、そういった商品は、
文字通りお客さんが死ぬ気で欲しがるので、
短期的に売上を立てらるでしょう。

 

しかし、そういった売り方をしていると、
まず間違いなく数か月~1年ほどで苦戦しはじめます。

 

なぜかというと、世の中に少数の
痛みの強いお客さん“だけ”に向けて
商品を売っているからです。

 

考えてみてほしいのですが、
「『太り過ぎなので、痩せないと命に関わります』
と医者に指摘された人」
って、あなたの周りにどれくらいいますか?

 

おそらく、ほとんどいないですよね。

つまり、商品の見込み客となる人が、
世の中にごくわずかしかいないのです。

 

そのため、一定期間ビジネスをすると、
「商品を売りつくした状態」になってしまって、
まるで売れなくなっていきます。

 

また、痛みの強いお客さんは、
同業他社からもよく勧誘を受けているものです。

そのため、少ないお客さんを同業他社と奪い合う
血みどろの戦い(レッドオーシャン)になりやすい。

 

では、こうした血みどろの戦いから抜け出し、
長期的にビジネスを続けるには、
どうしたらいいかわかりますか?

 

それは、「痛みの弱いお客さんに向けても、
商品を売れるようにすること」です。

 

たとえば、「なんとなく痩せたいなあ」
と言っている人なら、
きっとあなたの周りにもいるでしょう。

そういった痛みの弱い人が、
思わず買いたくなるように
マーケティングやセールスを工夫するのです。

 

この工夫ができると、
潜在的な顧客数が多くなるので売上は継続しますし、
同業他社とも争わなくて済みます。

余裕を持ちながら、
ビジネスの規模も大きくしていけるのです。

 

あなたも痛みの弱いお客さんへも商品が売れるように、
マーケティングやセールスを工夫してください。

 

この工夫ができずに、
悩みの強いお客さんだけを対象としていたら、
数年も保たずに廃業してしまいます。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ