毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

カウンセラーのタブー

心理学

2019年10月4日


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

まともに心理学を学んでいないカウンセラーや
コーチ、心理セラピストが最近増えてきました。

 

 

これは、市場が大きくなっているという点では
とても喜ばしい一方で、

玉石混交(というより石ばかり)になってしまって、
クライアントが良い臨床家を見つけにくいという点では
腹立たしいと言えます。

 

ここでいうクライアントとは、お客さんのことです。

 

それで、心理職として最低限のことを学んでいない人だと、
「二重関係はタブーである」ことを知らないのです。

 

なので、「二重関係についてどう思いますか?」と聞くと、
最低限のレベルに達していない臨床家を
見極めることができます。

 

二重関係というのは心理学用語で、
「臨床家─クライアント」という関係以外で、
別の人間関係も同時に結ぶことです。

 

臨床家がクライアントと友達になったり、
恋人になったりすることがわかりやすいでしょう。

 

「臨床家─クライアント」という関係と、
友達同士あるいは恋人同士という関係と
二重に関係を結んでいますよね。

 

あるいは、家族や職場の同僚・上司・部下に対して
臨床家がセッションをおこなうことも二重関係です。

 

また、あるコーチがセミナーをやったときに、
複数人の参加者が集まったとしましょう。

 

その際、ある参加者が、別の参加者を
自分のセッションをするお客さんにするのも
二重関係と言えます。

 

言い換えると、「臨床家─クライアント」という関係以外で、
他の関係を結んでしまうとすべて二重関係です。

 

なぜ二重関係がタブーかというと、
臨床家とクライアントの間で色々な思いが交錯して、
適切な援助がしにくくなるからです。

 

こういった臨床家の倫理規定を知らない人は、
あまりにも勉強不足すぎるので避けましょう。

 

相馬一進

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


相馬一進 公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ