毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

質の高い委任

ビジネス

2020年3月23日

相馬一進


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。

 

先日から、セールスコピーライティングの
重要性について、何度か解説しています。

ご参考:セールスコピーの重要性

 

 

それで、セールスコピーの重要さを知ると
「自分がすべて書かなくてはいけない」
と思ってしまう人がいます。

 

集客用の広告から、チラシやメルマガ、
販売ページにいたるまでを、
自分でペンを持って執筆しようとするのです。

 

しかし、その必要はありません。

他の人に代行してもらってもいいのです。

 

人には得意・不得意があります。

とくに文章の執筆は、苦手な人は苦手なものです。

 

また、「販売ページなら書けそうだけど、
集客用ページは、書ける気がしない」
というように、部分的に不得意な場合もあるでしょう。

 

そういった場合は、無理せずに、
プロのセールスライターに、委任してみてください。

 

得意な人に任せた方が、手間をかけなくても、
素早く良質なコピーが出来上がります。

 

ビジネスをする人は、
苦手分野を自分で行うという愚行はせずに、
プロに委任できるようになって欲しいと思います。

 

ただし、委任には、多くの注意点があります。

 

たとえば、セールスコピーライターも人間なので、
一人ひとり、強みや適性が異なります。

そのため、プロであっても、
苦手な分野を任せてしまうと、
質の低いコピーになってしまうのです。

 

また、依頼内容は、細かすぎても、
大雑把すぎても、失敗します。

 

つまり、適性のあるライターを選び、
要点を伝えつつも、自由な権限も与えるという
「質の高い委任」をする必要があるのです。

 

しかし、こうした「質の高い委任」を、
独学で行うのは、非常に難しい。

 

マニアックな内容なので、
一般の書籍には書いていませんし、
ほとんどのセミナーでも、話されません。

 

弊社でも、何年もの試行錯誤を繰り返して、
委任の体制を整えてきました。

 

非常に重要な内容なのですが、
学ぶことのできる場所が、極めて少ないのです。

 

ただ、私はもっと多くの方に質の高い委任が
できるようになって欲しいと思います。

 

こうした想いもあるため、近日中に実施する
セールスコピーライティングの講座では、
委任の本質ついても、お伝えすることにしました。

 

セールスコピーライティングの講座で、
委任についても学ぶことができるものは、
業界の中でもほとんどないでしょう。

 

まだ申し込みはできませんが、数日のうちに
無料動画講座の登録フォームを公開します。

 

説明会も行いますので、
委任について悩んでいる場合も、
ぜひ登録して、説明会に参加してください。

今日の記事を読んで疑問、
質問がある方はこちらからどうぞ!

例:
・どのプログラムに参加した方が良いのか迷っています。
・今までいろいろな講座に参加しましたが成果が出ていません。不安で一歩が踏み出せないです。
・〇〇についてもう少し詳しく教えて欲しいです。

メールアドレス:

※メールアドレスや内容は公開されません。相馬やエッセンシャル認定コンサルタントにのみ届きます。良い質問には、直接メールアドレス宛に回答をします

  • Facebook
毎日33,533人が読んでいる無料メルマガ

ストレスフリーで、楽々成功したいと思いませんか? ビジネスと心理学の専門家の相馬一進が、ストレスなく成功する方法を3本の動画とメール解説にまとめました。ブログでは公開できない情報をお届けします。

▼こちらより、メールアドレスを登録してください▼

相馬一進【集客に特化した起業支援コンサルタント】 大学卒業後、松坂屋に入社する。その後、退社して起業するが、11業種で失敗。「起業成功のカギは集客にある」と悟り、企業の集客支援を始める。ダライ・ラマ14世や、スティーブン・R.コヴィー博士、リチャード・ブランソン、有森裕子などの講演会の集客を次々と成功させ、1億円超の売上を達成。現在は、起業や集客支援のセミナーを不定期で開催しており、クライアントは200業種以上。世界で上位2%のIQ所有者のみが入会できるMENSAの会員。

コメントを残す

CAPTCHA


公式ブログ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ビジネス心理学 youtubeチャンネル
ページ上部へ